因幡電機産業 売り出し 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ 因幡電工 断熱粘着テープ エアコン配管副部材 INABA DHV7510 7612877 DENKO ikcheckuit.nl,エアコン配管用テープ】因幡電工,DHV7510,【エアコン配管副部材】,断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ,【7612877】,断熱粘着テープ,因幡電工事業部,【因幡電機産業,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , その他,DENKO,1076円,INABA,/melodicon2862219.html 1076円 【因幡電機産業 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ】因幡電工 断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ INABA DENKO 断熱粘着テープ 【7612877】 DHV7510 【エアコン配管副部材】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 その他 1076円 【因幡電機産業 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ】因幡電工 断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ INABA DENKO 断熱粘着テープ 【7612877】 DHV7510 【エアコン配管副部材】 花・ガーデン・DIY DIY・工具 ネジ・釘・金属素材 その他 ikcheckuit.nl,エアコン配管用テープ】因幡電工,DHV7510,【エアコン配管副部材】,断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ,【7612877】,断熱粘着テープ,因幡電工事業部,【因幡電機産業,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , ネジ・釘・金属素材 , その他,DENKO,1076円,INABA,/melodicon2862219.html 因幡電機産業 売り出し 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ 因幡電工 断熱粘着テープ エアコン配管副部材 INABA DHV7510 7612877 DENKO

因幡電機産業 売り出し 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ 因幡電工 断熱粘着テープ エアコン配管副部材 INABA DHV7510 7612877 驚きの価格が実現 DENKO

【因幡電機産業 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ】因幡電工 断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ INABA DENKO 断熱粘着テープ 【7612877】 DHV7510 【エアコン配管副部材】

1076円

【因幡電機産業 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ】因幡電工 断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ INABA DENKO 断熱粘着テープ 【7612877】 DHV7510 【エアコン配管副部材】


注意

【特長】
●荷台は堅牢なリブ構造です。
●薬品や溶剤にも侵されにくく耐久性に優れています。
●台上に滑り止め用ゴムが4ヵ所ついています。
●上部天板に柵が付いていて荷崩れを防止します。(軽量物の積載時)

【仕様】
●均等荷重(kg):100
●色:グリーン
●長さ(mm):515
●幅(mm):385
●高さ(mm):115
●全高(mm):687
●キャスター径(mm):75
●適合ストッパー:-
●組立目安:2人30分
●取り替えキャスター(固定):
●取り替えキャスター(自在):
●組立式
●2段式
●自在キャスター、自在S付キャスター各2個
●上段均等荷重:30kg
●下段均等荷重:70kg
●2段式タイプ
●柵1段付

【材質/仕上】
●荷台:再生ポリプロピレン(PP)再生材100%
●キャスター金具:スチール(三価クロムメッキ)
●ホイール:ポリプロピレン(PP)
●車輪:エラストマー樹脂

【質量】
4.8KG

【入数】
1台

【メーカー名】
トラスコ中山(株)

【生産国】
日本



【販促用キーワード】/ 通販 / お買い得商品 / 人気商品 / 業務用・プロ用 / 市場 / ポイント消化 / 送料無料 特典あり※一部商品地域除く / プレミアム・学割 対象 /

【因幡電機産業 因幡電工事業部 エアコン配管用テープ】因幡電工 断熱粘着テープ[DHV7510]エアコン配管用テープ INABA DENKO 断熱粘着テープ 【7612877】 DHV7510 【エアコン配管副部材】

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。